マンション処分で確実に高額査定を引き出して売却するポイント

RSS
2月
11

閑静な住宅街は過ごしやすく、家賃も安い

新婚当初に賃貸していた家です。
近年開発された地域で、とても綺麗な街並みが気に入って決めました。
田んぼや畑も残る田舎で、駅前に新築住宅が建ち並んでいました。
まだ開発中でもあったので、スーパーなど買い物できる場所が少なくて、車で行くような距離だったのは気になりましたが、
駅近に住めるという魅力の方が勝っていました。
駅から徒歩1分の新築のメゾネットタイプのアパートを借りました。
本当に駅前で1分というより30秒くらいの近さでした。
家賃は駐車場混みで95000円で、間取りは2LDKでした。
西向きでしたが、家が密集していないので1日中日当たりが良く快適な家でした。
当時は子どもがいなかったので共働きだったので、通勤のため駅までの近さはとても魅力的でした。
実際通勤はとても楽でした。急行がとまらない駅のため途中で乗換えが必要でしたが、駅まで遠くて
急行が止まる駅よりも逆に良いと思えました。
私は今まで駅まで20分以内のことろに住んだことがなくて、駅まで自転車などが当たり前だったので駅近の楽さは衝撃的でした。
駅に近いことで、電車の音などが気になるかな?と少し心配ではありましたが、鉄道自体も新しく防音にも
優れているようで、早朝や深夜に気になることもありませんでした。
ただ気になったのは、下の階の生活音です。
2階に住んでいて1階の音がかなり聞こえました。
普通に会話も聞こえて、夜にはなんとイビキまで聞こえてくるのには驚きました。
まるで戸建ての家に一緒に住んでいるかのようでした。
後に聞いた話によると2×4工法のアパートによくあることらしいです。
賃貸なので、しばらくの間だと我慢して住むようにして、2年後子どもができたことで仕事をやめたので、私の実家の近くに引っ越ししました。
その経験からそして次に引っ越すときには、鉄筋のマンションにしようと思いました。
騒音さえなければ、駅近なのに閑静な住宅街で、なおかつ家賃も安く、駐車場まで完備していて最高の賃貸住宅でした。

 2月 11th, 2016  
 admin  
 Uncategorized  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です